ギャグとハードな抗争の両輪で楽しませてくれる『湘南爆走族』

2012年12月25日 admin 不良漫画

少年キングというマイナーな漫画雑誌で連載されていた。
しかし面白いと噂になりあっという間に全国区になった作品だ。

私も週刊少年キングなる雑誌は読んでいなかった。
しかし友人が面白い漫画があると教えてくれたのがこの湘南爆走族だった。

すでに連載が開始して一年以上は経っていたようで、
単行本が4巻ぐらいもう出ていた。

それで初めて湘南爆走族を読んだわけだが、
これが不思議と面白かった。
シリアスな回とギャグタッチの回が混ざって連載されていおり、
妙な漫画だなとは思ったけど最後まで一気に読んでしまうような魅力があった。

その要因は魅力的なキャクターにあるのだろう。
変人としか思えない江口洋介や、ちょっと過去のある男石川あきら。
おっさん臭いモヒカン野郎に地味なたれ目男。
そして怪力原沢。

暴走族の漫画だけどそうしたキャクターたちが繰り広げる日常が楽しいのだ。
正月に各自の家を回って部屋を荒らしてまわる回など腹を抱えて笑ってしまった。

漫画はキャラが命とよく言うけど、
たしかに連載が基本の漫画だとキャラクターの魅力は作品の良し悪しに
大きく関わることだろう。

暴走族漫画らしく抗争を描くシリアスな回もあったりするのだが、
そっちよりはむしろギャグの回の方が私は好きだった。

でも友人などはハードな内容の方が好きといっていたし、
世間的にもそちらの方が評価は高いみたいだ。

ギャグ好きもケンカ好きも取り込んでしまう湘南爆走族ってなんか凄い。

Comments are currently closed.


Robert Games theme design by robertgames.com | Powered by WordPress